飾り線上

IT業界とシステムエンジニアの役割について

飾り線下
IT業界で働くエンジニアというとSE、システムエンジニアというのは一般の方にはよくある認識です。マスコミや雑誌でも、「システムエンジニア」という言葉が独り歩きをしている感を受けずにはおられないのですが、それぐらいIT業界でSEというと一種の花形のように言われている節すらあります。

そのため、SEであればIT関係については何でもできると思われることすらあります。一般の方がどう考えていようと、自分としてはSEとしての業務を淡々とこなすだけ・・という考え方も確かにありますが、実際に現場でその考えが通じるかどうかはこれまた別問題。。。ということはさておき、今回は、SEの仕事について少し説明をしておきたいと思います。

SEと関連の深い開発の業務を見てみると、業務の流れとしては、お客さんとの要件の認識合わせ・合意に始まり、基本設計・詳細設計、そして製造、テストと流れ、最後にリリースとなります。場合によってはリリース後もユーザーサポートを手がけることがありますが、一般的に開発と保守は別業務になりますから、お客さんへのカットオフが終了したらそこで開発のSEの仕事はひと段落となります。

こうして文章に書いてみると、決まりきった流れに様に見えますが、実際の現場ではいったりきたり、1歩進んで2歩もどる、ということがまさに日常茶飯事に起きているのが実情です。

「『1歩進んで2歩下がる』って、それって後退ww」と思うかもしれませんが、実際にそんな現場があるというのがまた怖いところ(笑)まあ、システムとしていずれは完成させなければならないですから、何かの突破口が必要なのは言うまでもありません。

そんな時に重宝されるのが、通称「火消エンジニア」とか「炎上現場専門のエンジニア」だったりします。プロジェクトが炎上している現場というのは通常であれば嫌なものです。火を噴いているプロジェクトというのは身も心も疲れますからね。しかしそうした現場を得意とするエンジニアがいるのもまた事実です。

なぜなら、給料がとても高いから。

炎上現場は誰もが避けたがる現場なので、必然的に単価が高くなります。しかも短時間の期間限定であることが多いです。プロジェクトが納期近くになった時に炎上するケースがほとんどですから、炎上現場というのは納期間近であることが多く、そのため期間も短いことが多いのです。

だれもが避けたがる現場であるからこそ、そこで働くことができるエンジニアというのはとても重宝され、それ故高給をえることができる、という訳です。

そういう働き方は誰でもできるわけではないです。嫌がる人の方が良いでしょう。しかし人の嫌がるところに価値はありと考えるエンジニアもまたいます。そうした働き方をすることでより効率よい働き方ができるというだけでなく、充実感を味わうという何やら『マゾッ気』があるのではと思ってしまうような人種のエンジニアがいるのもまた事実です。

自分は無理だと思ってしまえばそれまでですが、1つの方法として知っておくとよいのかもしれません。転職(社内SE)(大手)




Copyright (C) 2014 SE転職フローこだわり研究 All Rights Reserved.
SE転職フローこだわり研究